ダウンロード

RICOH THETA S for iPhone

日付 バージョン番号 バージョンアップ内容
バージョンアップ内容
2017年9月25日 バージョン 1.13.3
  • iOS11の端末で4K動画を2Kにリサイズせず転送できるようになりました(iPhone7~)。
    ※ 本バージョンでは、iOS11の端末から静止画や動画を直接Facebookへ投稿できません(現在対応中です)。
  • バグ修正
  • iOS11の端末で4K動画を2Kにリサイズせず転送できるようになりました(iPhone7~)。
    ※ 本バージョンでは、iOS11の端末から静止画や動画を直接Facebookへ投稿できません(現在対応中です)。
  • バグ修正
2017年9月15日 バージョン 1.13.2
  • RICOH  THETA SCと接続時に以下の撮影ができるようになりました。
    -インターバル合成撮影*1
    -色温度指定撮影
    -マルチブラケット撮影
    -マイセッティングとして自分好みの撮影条件をカメラに登録できるようになりました。*2
    *1:インターバル合成撮影とは:連続撮影した画像の明るい部分を残すように合成します。定位置の夜景撮影で、星や月の光跡を記録したいときなどに使用します。三脚等で固定してご使用ください。
    *2:スマートフォンから設定した撮影条件をカメラ本体に記憶することができます。マイセッティング登録した撮影条件は、スマートフォンと接続していない状態でカメラの電源をONしたときに有効になります。マイセッティングは静止画のみご利用になれます。
    *3:カメラのファームウェアを最新(『バージョン 01.20』以上)にする必要があります。
    カメラのファームウェアバージョンの確認方法はこちら
  • バグ修正
  • RICOH  THETA SCと接続時に以下の撮影ができるようになりました。
    -インターバル合成撮影*1
    -色温度指定撮影
    -マルチブラケット撮影
    -マイセッティングとして自分好みの撮影条件をカメラに登録できるようになりました。*2
    *1:インターバル合成撮影とは:連続撮影した画像の明るい部分を残すように合成します。定位置の夜景撮影で、星や月の光跡を記録したいときなどに使用します。三脚等で固定してご使用ください。
    *2:スマートフォンから設定した撮影条件をカメラ本体に記憶することができます。マイセッティング登録した撮影条件は、スマートフォンと接続していない状態でカメラの電源をONしたときに有効になります。マイセッティングは静止画のみご利用になれます。
    *3:カメラのファームウェアを最新(『バージョン 01.20』以上)にする必要があります。
    カメラのファームウェアバージョンの確認方法はこちら
  • バグ修正
2017年9月01日 バージョン 1.13.1
  • バグ修正
  • バグ修正
2017年8月31日 バージョン 1.13.0
  • RICOH THETAの新製品に対応しました。
  • ユーザーインタフェースを改善して使いやすくなりました。
  • バグ修正
  • RICOH THETAの新製品に対応しました。
  • ユーザーインタフェースを改善して使いやすくなりました。
  • バグ修正
2017年5月25日 バージョン 1.12.2
  • ユーザーインタフェースを改善して使いやすくなりました。
  • バグ修正

  • ユーザーインタフェースを改善して使いやすくなりました。
  • バグ修正

2017年1月05日 バージョン 1.12.1
  • バグ修正

  • バグ修正

2016年12月15日 バージョン 1.12.0
  • RICOH THETA Sと接続時にマルチブラケット撮影ができるようになりました。
    ※カメラのファームウェアを最新(『バージョン 01.82』以上)にする必要があります。
     カメラのファームウェアバージョンの確認方法はこちら
    ※RICOH THETA SCは非対応。

  • バグ修正
  • RICOH THETA Sと接続時にマルチブラケット撮影ができるようになりました。
    ※カメラのファームウェアを最新(『バージョン 01.82』以上)にする必要があります。
     カメラのファームウェアバージョンの確認方法はこちら
    ※RICOH THETA SCは非対応。

  • バグ修正
2016年11月24日 バージョン 1.11.0
  • RICOH  THETA Sと接続時に以下の撮影ができるようになりました。
    -インターバル合成撮影*1
    -色温度指定撮影
    -マイセッティングとして自分好みの撮影条件をカメラに登録できるようになりました。*2
    *1:インターバル合成撮影とは:連続撮影した画像の明るい部分を残すように合成します。定位置の夜景撮影で、星や月の光跡を記録したいときなどに使用します。三脚等で固定してご使用ください。
    *2:スマートフォンから設定した撮影条件をカメラ本体に記憶することができます。マイセッティング登録した撮影条件は、スマートフォンと接続していない状態でカメラの電源をONしたときに有効になります。マイセッティングは静止画のみご利用になれます。
    *3:カメラのファームウェアを最新(『バージョン 01.82』以上)にする必要があります。
    カメラのファームウェアバージョンの確認方法はこちら(https://theta360.com/ja/support/manual/s/content/settings/settings_02.html)
    *4:RICOH THETA SCは非対応。
  • バグ修正
  • RICOH  THETA Sと接続時に以下の撮影ができるようになりました。
    -インターバル合成撮影*1
    -色温度指定撮影
    -マイセッティングとして自分好みの撮影条件をカメラに登録できるようになりました。*2
    *1:インターバル合成撮影とは:連続撮影した画像の明るい部分を残すように合成します。定位置の夜景撮影で、星や月の光跡を記録したいときなどに使用します。三脚等で固定してご使用ください。
    *2:スマートフォンから設定した撮影条件をカメラ本体に記憶することができます。マイセッティング登録した撮影条件は、スマートフォンと接続していない状態でカメラの電源をONしたときに有効になります。マイセッティングは静止画のみご利用になれます。
    *3:カメラのファームウェアを最新(『バージョン 01.82』以上)にする必要があります。
    カメラのファームウェアバージョンの確認方法はこちら(https://theta360.com/ja/support/manual/s/content/settings/settings_02.html)
    *4:RICOH THETA SCは非対応。
  • バグ修正
2016年10月13日 バージョン 1.10.0
  • RICOH THETA SCに対応しました
  • スマートフォンに転送した全天球イメージをタイムライン形式でも表示できるようになりました。
  • theta360.comのギャラリーページを表示できるようになりました。
  • ユーザーインタフェースを改善して使いやすくなりました。
  • Facebookへ共有した場合、[360度写真]表示に対応しました。
    ※theta360.comのリンクは貼られなくなります。
  • バグ修正
  • RICOH THETA SCに対応しました
  • スマートフォンに転送した全天球イメージをタイムライン形式でも表示できるようになりました。
  • theta360.comのギャラリーページを表示できるようになりました。
  • ユーザーインタフェースを改善して使いやすくなりました。
  • Facebookへ共有した場合、[360度写真]表示に対応しました。
    ※theta360.comのリンクは貼られなくなります。
  • バグ修正
2016年9月26日 バージョン 1.9.2
  • バグ修正
  • バグ修正
2016年8月09日 バージョン 1.9.1
  • バグ修正
  • バグ修正
2016年7月28日 バージョン 1.9.0
  • RICOH THETA S for iPhone からもYouTubeに360度動画を投稿できるようになりました。
  • バグ修正
  • RICOH THETA S for iPhone からもYouTubeに360度動画を投稿できるようになりました。
  • バグ修正
2016年6月06日 バージョン 1.8.1
  • バグ修正
  • バグ修正
2016年4月27日 バージョン 1.8.0
  • Apple Watchで静止画、動画の切り替えと撮影ができるようになりました。
    ※THETA Sとの接続には、初回のみiPhoneやiPadが必要です。
  • Apple Watchで静止画、動画の切り替えと撮影ができるようになりました。
    ※THETA Sとの接続には、初回のみiPhoneやiPadが必要です。
2016年4月11日 バージョン 1.7.0
  • Facebook へ360Videoを投稿する際、プログレスバーを表示するようになりました。
  • Facebook へ360Videoを投稿する際、プログレスバーを表示するようになりました。
2016年3月24日 バージョン 1.6.0
  • セルフタイマー撮影(静止画)ができるようになりました。
    -セルフタイマー時間は2秒、5秒、10秒から選択することができます。
    ※カメラのファームウェアを最新(『バージョン 01.42』以上)にする必要があります。
     カメラのファームウェアバージョンの確認方法はこちら
  • 動画もヘッドマウントディスプレイに対応した表示ができるようになりました。
    -静止画、動画ともに「アプリ」「写真」「カメラ」の画像を表示できます。
    ※すべてのヘッドマウントディスプレイでの動作を保証するものではありません。
  • バグ修正
  • セルフタイマー撮影(静止画)ができるようになりました。
    -セルフタイマー時間は2秒、5秒、10秒から選択することができます。
    ※カメラのファームウェアを最新(『バージョン 01.42』以上)にする必要があります。
     カメラのファームウェアバージョンの確認方法はこちら
  • 動画もヘッドマウントディスプレイに対応した表示ができるようになりました。
    -静止画、動画ともに「アプリ」「写真」「カメラ」の画像を表示できます。
    ※すべてのヘッドマウントディスプレイでの動作を保証するものではありません。
  • バグ修正
2016年2月25日 バージョン 1.5.0
  • シャッター音の音量調節ができるようになりました。
  • バグ修正
  • シャッター音の音量調節ができるようになりました。
  • バグ修正
2016年2月02日 バージョン 1.4.0
  • 閲覧している360度動画※をTHETA+ Videoアプリで編集できる機能を追加しました。
    ※アルバムの「アプリ」もしくは「写真」から動画を閲覧している場合のみ
  • 閲覧している360度動画※をTHETA+ Videoアプリで編集できる機能を追加しました。
    ※アルバムの「アプリ」もしくは「写真」から動画を閲覧している場合のみ
2015年12月30日 バージョン 1.3.1
  • バグ修正
  • バグ修正
2015年12月17日 バージョン 1.3.0
  • オートモードでの撮影時にHDR合成が選択できるようになりました。
    ※カメラのファームウェアを最新(『バージョン 01.21』以上)にする必要があります。
       カメラのファームウェアバージョンの確認方法はこちら
  • アルバムの『アプリ』以外からでも、SNSに投稿したときのサムネイルや、theta360.comで再生するときのファーストビュー※を変更することができるようになりました。
    ※theta360.comのシングルビューで最初に表示されるエリア。
  • バグ修正
  • オートモードでの撮影時にHDR合成が選択できるようになりました。
    ※カメラのファームウェアを最新(『バージョン 01.21』以上)にする必要があります。
       カメラのファームウェアバージョンの確認方法はこちら
  • アルバムの『アプリ』以外からでも、SNSに投稿したときのサムネイルや、theta360.comで再生するときのファーストビュー※を変更することができるようになりました。
    ※theta360.comのシングルビューで最初に表示されるエリア。
  • バグ修正
2015年12月04日 バージョン 1.2.1
  • バグ修正
  • バグ修正
2015年11月30日 バージョン 1.2.0
  • 動画を他アプリへ共有することができるようになりました。
  • 動画のトリミングができるようになりました。
  • VRビューで表示のブレを改善しました。

  • 動画を他アプリへ共有することができるようになりました。
  • 動画のトリミングができるようになりました。
  • VRビューで表示のブレを改善しました。

2015年11月17日 バージョン 1.1.0
  • ヘッドマウントディスプレイに対応した表示(静止画)ができるようになりました。
    ※すべてのヘッドマウントディスプレイでの動作を保証するものではありません。
  • バグ修正
  • ヘッドマウントディスプレイに対応した表示(静止画)ができるようになりました。
    ※すべてのヘッドマウントディスプレイでの動作を保証するものではありません。
  • バグ修正
ページトップへ