RICOH THETA V
使用説明書

カメラのみで動画を撮影する

基本的な撮影方法を説明します。

  1. カメラの電源をオンにする

  2. モードボタンを押して、動画撮影モードを選ぶ

    • 動画アイコン が点灯します。
  3. カメラを構える
    • なるべくカメラを垂直に立ててください。
  4. シャッターボタンを押す
    • もう一度押すと、撮影が止まります。
    • 動画撮影中は、カメラの動画記録ランプが点滅します。

    • 撮影した動画は、カメラの内蔵メモリーに保存されます。

メモ

ご注意

  • スマートフォンと一度も接続せずに撮影すると、正確な日時が記録されません。
  • 撮影するときにカメラが傾いていると、方位情報が正しく記録されない場合があります。
  • 動画撮影中に電源ボタンと無線ボタンを長押しして本体をリセットすると、内蔵メモリーが破壊され、以降、内蔵メモリーにデータが保存できなくなる場合があります。
  • 5分以上の動画の場合は、スマートフォンへ転送できない場合があります。
  • 動画の設定によっては、スマートフォンやパソコンで再生できない場合があります。
  • 長時間動画撮影すると、発熱することがあります。そのときは、高温による故障を防ぐため、動作が停止する場合があります。

カメラ状態ランプについて

カメラ状態ランプの点灯状況によっては、撮影できないことがあります。以下を参照して、カメラの状態を確認してください。

青点灯:
撮影可能です。
青点滅:
起動中です。
赤点滅:
カメラにエラーが生じています。
消灯:
スリープモード、または残り撮影可能枚数/時間がなくなったため、撮影できない状態です。また、撮影中にも消灯します。

メモ

  • 一定時間(初期設定は3分)操作をしないと、カメラは自動的にスリープモードになります。スリープモードのときは撮影できません。電源ボタンを押して撮影可能状態にしてから、シャッターボタンを押して撮影してください。
  • カメラに磁石など磁気を帯びたものを近づけたときは、方位情報が正しく記録されないことがあります。
  • 残り撮影可能時間がなくなった場合は、カメラ内の画像を削除してください。
▲ TOPへ戻る