RICOH THETA S - 使用説明書

RICOH THETA S
使用説明書

スマートフォンと接続してセルフタイマー機能を使って静止画を撮影する

スマートフォン用アプリケーションで、セルフタイマー機能を使った撮影ができます。セルフタイマー機能を使った撮影には、カメラとスマートフォンの接続設定を行う必要があります。(スマートフォンと接続する

  1. 無線ボタンを押しながら、カメラの電源ボタンを押して電源をオンにする
    • カメラ状態ランプが緑点灯します。
  2. カメラを設置する
  3. スマートフォンのWi-Fi設定で、カメラのSSIDを選ぶ
  4. スマートフォン用アプリケーションを起動する
  5. をタップして、セルフタイマーを開始する
    • 画面下部のEVをタップすると表示されるスライダーで露出補正ができます。静止画を確認したときに明るすぎる、または暗すぎると感じたときに、調節してから撮影すると、お好みの明るさに近づけられます。右に動かすほど明るく、左に動かすほど暗くなります。
    • 撮影意図に合わせてISO感度、シャッタースピード、ホワイトバランス、インターバル撮影の条件や、画像サイズ、ライブビューとポストビューのオン/オフなどを設定できます。
    • カウントダウンが始まり、5秒後に撮影されます。

ご注意

  • Wi-Fi接続に失敗した場合は、スマートフォンのWi-Fi設定をご確認ください。
  • マニュアルモードでシャッタースピードを1/8秒より遅くした場合、撮影開始時と撮影完了時に2回音が鳴ります。またオートモードでノイズ低減設定にして撮影した場合、撮影開始時と撮影完了時に2回音が鳴ります。このとき、撮影が完了する前に電源をオフにすると画像が保存されません。
  • オートモードでノイズ低減設定またはHDR合成設定にして撮影する場合は、ブレ防止のため三脚等で固定して撮影してください。
  • 撮影モードは静止画に限定されます。(動画撮影はできません。)
  • セルフタイマー有効時は、電子コンパスエラーを認識できません。(カメラ本体の状態ランプが赤く点灯しません。)

メモ

  • GPS機能がオンになっているスマートフォンと接続して撮影した静止画には、位置情報が記録されます。
  • [転送方法]の設定が[移動]になっている場合は、スマートフォンに静止画を転送後、カメラの内蔵メモリーの静止画は削除されます。
  • カメラのシャッターボタンでも撮影できます。ただし、撮影した静止画はスマートフォンには転送されません。
  • マニュアルモードでシャッタースピードを1/8秒より遅くした場合、ランプがすべて消灯します。またオートモードでノイズ低減設定にして撮影した場合、ランプがすべて消灯する場合があります。
  • カウントダウンの時間は初期値で5秒です。
  • カウントダウン中にシャッターボタンを押すと即時撮影ができます。
    (セルフタイマーは中止されます。)
  • セルフタイマーをキャンセルするには、撮影モードボタンを押します。
    (カウントダウンが残り2秒未満の場合はキャンセルできません。)
  • カウントダウン音量はシャッター音量に比例します。
    (シャッター音がオフの場合、カウントダウン音もありません。)
  • スマートフォン用アプリケーションで以下の設定が可能です。
    • カウントダウン時間(2秒、5秒、10秒)
    • 静止画の撮影モード(ISO優先など)
    • オプション(DR補正など)
  • 変更したカウントダウン時間は、本体の電源をオフしても維持されます。
▲ TOPへ戻る