ダウンロード

THETA+ Video for iPhone

日付 バージョン番号 バージョンアップ内容
バージョンアップ内容
2017年11月09日 バージョン 1.7.0
  • RICOH THETA Vで撮影した4K動画の3D音声情報を、保持したまま書き出しできるようになりました。
  • ユーザーインタフェースを改善して使いやすくなりました。
  • バグ修正
  • RICOH THETA Vで撮影した4K動画の3D音声情報を、保持したまま書き出しできるようになりました。
  • ユーザーインタフェースを改善して使いやすくなりました。
  • バグ修正
2017年10月04日 バージョン 1.6.1
  • iOS11に対応しました。
  • バグ修正
  • iOS11に対応しました。
  • バグ修正
2017年9月15日 バージョン 1.6.0
  • RICOH THETA Vで撮影した4K動画の3D音声情報を、保持したまま書き出しできるようになりました。
  • ユーザーインタフェースを改善して使いやすくなりました。
  • バグ修正
  • RICOH THETA Vで撮影した4K動画の3D音声情報を、保持したまま書き出しできるようになりました。
  • ユーザーインタフェースを改善して使いやすくなりました。
  • バグ修正
2017年7月13日 バージョン 1.5.1
  • バグ修正
  • バグ修正
2017年6月13日 バージョン 1.5.0
  • THETA+で作成したタイムラプス4K動画を編集できるようになりました。(iPhone6s以降)
  • ユーザーインタフェースを改善して使いやすくなりました。
  • バグ修正
  • THETA+で作成したタイムラプス4K動画を編集できるようになりました。(iPhone6s以降)
  • ユーザーインタフェースを改善して使いやすくなりました。
  • バグ修正
2017年4月18日 バージョン 1.4.2
  • ユーザーインタフェースを改善して使いやすくなりました。
  • THETA+ Video for iPhone からもYouTubeに360度動画を投稿できるようになりました。
  • バグ修正
  • ユーザーインタフェースを改善して使いやすくなりました。
  • THETA+ Video for iPhone からもYouTubeに360度動画を投稿できるようになりました。
  • バグ修正
2017年3月10日 バージョン 1.4.1
  • ユーザーインタフェースを改善して使いやすくなりました。
  • バグ修正
  • ユーザーインタフェースを改善して使いやすくなりました。
  • バグ修正
2017年2月09日 バージョン 1.4.0
  • ユーザーインタフェースを改善して使いやすくなりました。
  • バグ修正
  • ユーザーインタフェースを改善して使いやすくなりました。
  • バグ修正
2016年10月05日 バージョン 1.3.2
  • ユーザーインタフェースを改善して使いやすくなりました。
  • バグ修正
  • ユーザーインタフェースを改善して使いやすくなりました。
  • バグ修正
2016年9月06日 バージョン 1.3.1
  • バグ修正
  • バグ修正
2016年8月10日 バージョン 1.3.0
  • 360度動画編集の書き出しにかかる時間を短縮しました。
  • バグ修正
  • 360度動画編集の書き出しにかかる時間を短縮しました。
  • バグ修正
2016年7月07日 バージョン 1.2.1
  • バグ修正
  • バグ修正
2016年6月08日 バージョン 1.2.0
  • バグ修正
  • バグ修正
2016年2月25日 バージョン 1.1.0
  • 動画の再生速度を2倍~10倍速に設定して録画できるようになりました。
  • トリム時にシーケンスバーを長押しすることで、拡大表示できるようになりました。
  • 横画面表示に対応いたしました。
  • 動画の再生速度を2倍~10倍速に設定して録画できるようになりました。
  • トリム時にシーケンスバーを長押しすることで、拡大表示できるようになりました。
  • 横画面表示に対応いたしました。
ページトップへ