ダウンロード

ファームウェア

※バージョンアップ方法

RICOH THETA S の最新バージョンは『バージョン 01.90』です。

日付 バージョン番号 バージョンアップ内容
バージョンアップ内容
2017年9月15日 バージョン 01.90
  • バグ修正
  • バグ修正
2016年11月24日 バージョン 01.82
  • RICOH THETA Sで以下の撮影ができるようになりました。スマートフォンアプリから設定できます。
    -インターバル合成撮影*1
    -マイセッティング*2
    -色温度指定撮影
    *1:インターバル合成撮影とは:連続撮影した画像の明るい部分を残すように合成します。定位置の夜景撮影で、星や月の光跡を記録したいときなどに使用します。三脚等で固定してご使用ください。
    *2:スマートフォンから設定した撮影条件をカメラ本体に記憶することができます。マイセッティング登録した撮影条件は、スマートフォンと接続していない状態でカメラの電源をONしたときに有効になります。
  • UVC1.5に対応し、USBからもフルHD30fpsのライブストリーミング映像が出力できるようになりました。

*アプリを最新(iOS,Androidともに『バージョン 1.11.0』以上)にする必要があります。

  • バグ修正
  • RICOH THETA Sで以下の撮影ができるようになりました。スマートフォンアプリから設定できます。
    -インターバル合成撮影*1
    -マイセッティング*2
    -色温度指定撮影
    *1:インターバル合成撮影とは:連続撮影した画像の明るい部分を残すように合成します。定位置の夜景撮影で、星や月の光跡を記録したいときなどに使用します。三脚等で固定してご使用ください。
    *2:スマートフォンから設定した撮影条件をカメラ本体に記憶することができます。マイセッティング登録した撮影条件は、スマートフォンと接続していない状態でカメラの電源をONしたときに有効になります。
  • UVC1.5に対応し、USBからもフルHD30fpsのライブストリーミング映像が出力できるようになりました。

*アプリを最新(iOS,Androidともに『バージョン 1.11.0』以上)にする必要があります。

  • バグ修正
2016年9月29日 バージョン 01.72
  • バグ修正
  • バグ修正
2016年7月14日 バージョン 01.62
  • RICOH THETA Sがケーブルスイッチ(有線リモコン)CA-3に対応しました。
  • バグ修正
  • RICOH THETA Sがケーブルスイッチ(有線リモコン)CA-3に対応しました。
  • バグ修正
2016年4月27日 バージョン 01.50
  • バグ修正
  • バグ修正
2016年3月24日 バージョン 01.42
  • セルフタイマー撮影(静止画)ができるようになりました。※1
    -セルフタイマー撮影するにはWifiボタンを押しながら電源ONしてください。セルフタイマー状態でTHETA Sを起動した場合、シャッターボタンの上にあるランプが緑点灯します。
    -セルフタイマー撮影時はシャッターボタンを押下するとランプの点滅が始まり、5秒後に撮影されます。
    -セルフタイマー時間はスマートフォン用アプリケーションから変更できます。※2

     ※1:セルフタイマー状態でTHETA Sを起動した場合は動画撮影ができません。
     ※2:アプリを最新(iOS,Androidともに『バージョン 1.6.0』以上)にする必要があります。
  • PCにUSB接続した場合も撮影することができるようになりました。
    ※USB接続時にTHETA Sの電源を入れた場合、WifiはOFFになります。
  • セルフタイマー撮影(静止画)ができるようになりました。※1
    -セルフタイマー撮影するにはWifiボタンを押しながら電源ONしてください。セルフタイマー状態でTHETA Sを起動した場合、シャッターボタンの上にあるランプが緑点灯します。
    -セルフタイマー撮影時はシャッターボタンを押下するとランプの点滅が始まり、5秒後に撮影されます。
    -セルフタイマー時間はスマートフォン用アプリケーションから変更できます。※2

     ※1:セルフタイマー状態でTHETA Sを起動した場合は動画撮影ができません。
     ※2:アプリを最新(iOS,Androidともに『バージョン 1.6.0』以上)にする必要があります。
  • PCにUSB接続した場合も撮影することができるようになりました。
    ※USB接続時にTHETA Sの電源を入れた場合、WifiはOFFになります。
2016年1月28日 バージョン 01.30
  • ライブビューが表示されなくなる場合があるバグを解消しました。
  • ライブビューが表示されなくなる場合があるバグを解消しました。
2015年12月17日 バージョン 01.21
  • RICOH  THETA SでHDR合成撮影ができるようになりました。スマートフォンアプリのオートモード撮影時にHDR合成を選択することで撮影できます。

 ※スマートフォンアプリを最新バージョン(iOS『1.3.0』以上、Andorid『1.3.0』以上)にする必要があります。
 ※HDR合成撮影とは:露出条件の異なる4枚の画像を撮影し合成することで、幅広いダイナミックレンジの画像が得られます。三脚等で固定してご使用ください。

  • RICOH  THETA SでHDR合成撮影ができるようになりました。スマートフォンアプリのオートモード撮影時にHDR合成を選択することで撮影できます。

 ※スマートフォンアプリを最新バージョン(iOS『1.3.0』以上、Andorid『1.3.0』以上)にする必要があります。
 ※HDR合成撮影とは:露出条件の異なる4枚の画像を撮影し合成することで、幅広いダイナミックレンジの画像が得られます。三脚等で固定してご使用ください。

ページトップへ