LINEで手軽に
「360度写真」を
共有しよう!

RICOH THETAで撮影した全天球イメージを、スマートフォンからLINEの「トークルーム」で共有する方法をご紹介します。
相手がTHETAアプリを持っていなくても、360°ビューで見られるので、手軽に共有することができます。
(360°ビューに対応しているのは、静止画のみです)

LINEアプリから共有する

  • STEP 1

    アプリの起動

    LINEアプリを起動し、友だちとの「トーク」の画面を開きます。

  • STEP 2

    投稿メニューの選択

    「写真/動画」マークを選択すると、デバイス内の画像が一覧で表示されます。

    右下のボタンを押すと全画面表示に切り替わります。
    iPhoneの場合は、画面下の画像を上にスクロールするとカメラロールが表示されます。

  • STEP 3

    画像の選択と投稿

    デバイス内の画像が一覧で表示されます。
    投稿したい全天球イメージ(静止画)を選んで、「送信」で投稿します。

    Point1 画像が多くて探しにくいときは、「RICOH THETA」で絞り込みます。
    Point2 画像の左下に地球のようなマークがついている画像を選びます。

  • STEP 4

    投稿の確認

    トークルームに投稿された画像をタップすると、画像だけ表示された画面に切り替わります。
    画像の真ん中にある360°マークをタップすると、360°ビューで表示されます。

  • STEP 5

    全天球イメージの楽しみ方

    その1. スマートフォン本体を動かして、VRビュー※1で360°楽しみます。

    その2. 画面をピンチ・スワイプし、画像をグルグル回して360°楽しみます。

    ※1 「加速度センサー」、「ジャイロセンサー」、「地磁気センサー」未搭載のスマートフォンでは正しく動作しないことがあります。

※ 全天球イメージ(静止画)を360°で見られるのは、スマートフォンLINEアプリの「トークルーム」のみです。(「ノート」「アルバム」、PCアプリでは360°ビューになりません)
※ スマートフォンの「ギャラリー」や「カメラロール」から、全天球イメージをLINEへ共有した場合は、360°ビューになりません。
※ LINEアプリは、送信側、受信側ともに、最新バージョンへのアップデートが必要です。(バージョン7.1.0以降で対応)
※ スマートフォン用アプリケーションの画面はAndroidのものです。iPhoneの画面とは一部異なります。