話題のオールドレンズ。InstagramやTwitter投稿でも見かけることが多くなりましたね。

インスタ映えする「人とは違った写真」が撮れる人気のオールドレンズ。興味を持たれている方も多いと思います。

今回は「オールドレンズとは?」「どんな写真が撮れるの?」」という方向けに、オールドレンズの特徴や選び方をご紹介します。

オールドレンズとは?

オールドレンズとは、一般にデジカメが登場する以前のレンズのことを言います(明確な定義はありません)。

フィルムカメラ時代の自分でピントを合わせるマニュアルフォーカスのレンズです。

オールドレンズ

画像:オールドレンズ

デジカメにオールドレンズを装着した撮影は以前からありましたが、現在のレンズとは規格も異なるので知識も必要。簡単には手が出せないものでした。

ですが、最近になって専用のマウントアダプターの種類も増え、入手も手軽になってきたことで、誰でも安心して楽しめるようになりました。

特にカメラ初心者にもおすすめな理由が「価格」です。

新品のレンズは高価ですが、オールドレンズはとにかく安いです。メルカリ、ヤフオクなどのオークションサイトでも、1000円~1万円程度で簡単に探せます。

自分に合ったレンズを探したり、試行錯誤して装着する楽しみはもちろん、何より失敗してもお財布に優しいことがポイントですね。

オールドレンズの特徴

  • マニュアルフォーカスでピントを自分で合わせる
  • フレアやゴースト、ボケも出やすい
  • 専用のマウントアダプターを使用してカメラに装着

オールドレンズで撮影した写真には独特のボケ味があります。

コンピューターで計算された現在の写真と違って、フレアの入り方やボケなど様々なクセを楽しめます。昔のレンズはひとつひとつが個性的で、撮りたい雰囲気に合わせてレンズを選ぶのもハマるポイント。

ゴーストフレア

画像:ゴーストフレア画像

丸ボケ

画像:丸ボケ画像

また、現在のミラーレス一眼ならではの液晶画面で確認できるので撮影も楽ちんです。

様々なマウントアダプターを駆使すれば装着できないレンズはありませんので、マニアックなものも幅広く選ぶことができます。

ロシア製のレンズは安価ながら戦後に作られたレンズは高品質、日本製もバブル期に作られたものは作りがしっかりしています。

1970年代を境にカメラの作りは大きく変化しました。そういった時代背景を考えて選ぶのもワクワクしてオールドレンズの楽しみの一つです。

車などと同じくアンティークとしての所有する楽しみ、面白い操作やギミック、今のレンズでは撮れない独特の雰囲気をぜひ体験してみてくださいね。

オールドレンズおすすめ3選

オールドレンズ入門用に、1万円以下で購入可能で初心者にもおすすめのレンズを3つピックアップしました。

数十年も前の古いレンズなので状態のチェックができる場合は欠かさずに。レンズにキズ、フォーカスリングの回り具合、バルサム切れ(中のレンズが剥がれる状態)がないか確認するとよいと思います。

また、今後オールドレンズが増えていくことも考えて、マウントアダプターを共通で使用できるレンズを見ていくのがおすすめです。

Super Takumar 55mm F1.8

1960年代に生産。豪快なフレア、円形の玉ボケが特徴。コントラストが低く、レトロな雰囲気のボケがよく出ます。安いもので3000円程度。

レンズマウント:M42、焦点距離:55mm、開放F値:F1.8

HELIOS 44-2 58mm F2.0

旧ソ連製造。東ドイツのカールツァイスで製造されていたBIOTAR 58mm F2.0のコピーレンズです。

ゆるい描写、ぐるぐるボケが特徴。上級者まで楽しめる個性ある写真が撮影できます。

レンズマウント:M42、焦点距離:58mm、開放F値:F2.0

Industar 50-2 50mm F3.5

元祖パンケーキレンズ。流通量も多いので2000円程度から探せます。

レンズマウント:M42、焦点距離:50mm、開放F値:F3.5

まとめ

いかがだったでしょうか。

オールドレンズはまず価格の安さが魅力です。今ではネットオークションもありますし、中古カメラショップを回るのも楽しいですよ。

クラシックな外装、操作の面白さや手入れ、レンズの仕組みを知るといった今のオートフォーカスにはない魅力やロマンがあります。

ぜひ、古き良き時代の安価なオールドレンズを一つ購入してみてください。どっぷりハマる面白い世界ですよ。