あなたは最近「旅行」してますか?

過ごしやすいこの季節は、つい足をのばして遠出をしてしまいますよね。 一人でふらっと出かけたり、友達と旅行に行ったり。家族や恋人と、という方もいるのではないでしょうか。

旅行の日程が決まると、「せっかくだからカメラで写真を撮りたい!」「旅行のためにカメラを新調したい!」、そう考える方も多いのでは?

でも、いざカメラを買おうとすると「旅行先でなくしたらこわいから高いのはちょっと・・・」「高いのを買っても使いこなせるかわからないし・・・」と悩んでしまい、結局買わないことも。

そんな悩みを解決するために、この記事では旅行にバッチリなカメラの選び方をお教えします。
ポイントは「コンパクト・高性能・価格」です。

ぜひ、カメラ選びの参考にしてください。

旅行に必要な機能はこれ!カメラを選ぶ3つのポイント

一眼レフやミラーレス一眼、コンパクトデジタルカメラ、さらには360度カメラなど、一言にカメラと言ってもその種類は年々増え続けています。その中から自分に合うカメラを探すのは大変ですよね。

そんなあなたの参考になるよう、カメラ選びで抑えるべきポイントを3つご紹介します!

  1. コンパクトで持ち運びしやすい
  2. 高性能の撮影機能
  3. 希望通りの価格

コンパクトで持ち運びがしやすい

旅行でカメラを持って行くとき、一番大事なことは「コンパクトで持ち運びが便利であること」。

一眼レフなどの重たいカメラだと移動が大変だったり、交換するレンズなどで荷物が大幅に増えたりしてしまいますよね。プロの方なら好んで使うことが多いですが、趣味としてカンタンにカメラを撮りたい方ならコンパクトさを重視されるといいですよ。

高性能の撮影機能

近年、スマホでも十分画質の綺麗な写真を撮れるようになってきましたが、表現しきれない写真もあります。

例えば、夜景やぼかし。
特に、12月に多くなるイルミネーションは光でとんでしまってスマホで上手に撮影するのは大変ですよね。

そんなときに夜景も撮れるカメラをスマホと別で持っていると目に見える思い出に残せますね。

希望通りの価格

カメラだけでなく、買うという状況で一番気になるのはやはり「価格」ですよね。どんなに求めていた商品でも、予算を大幅にオーバーしてしまうと買うのをためらってしまいます。

そこで、「絶対に欲しい機能」と「あるといい機能」に分けてみるのはどうでしょうか? 高くて良いものを買っても、難しくて扱いきれずに結局使わなくなってしまってはもったいないですからね。

予算に合わせて、必要な機能を厳選するのも大切です。

旅行でおすすめのTHETA撮影法

ところであなたは、「360度カメラ」という言葉を聞いたことはありますか?

360度カメラとは、スマホや一眼で撮れる「平面」の写真と違い、「立体」で撮れるカメラのことなんです。
文字通り360度撮ることができるため、例えば、向かい合っている人同士の間にカメラを置いても二人とも撮ることができるんです。

そんな360度カメラで撮れる魅力的な写真をご紹介していきます。

風景を撮る

世界遺産や文化遺産など、世界には美しい風景がたくさん存在しています。
風景は360度どの方向を見ても存在していますよね。

その風景の真ん中で撮影したら、まるで今もその場所にいると錯覚してしまいそう。

@utleyp – Spherical Image – RICOH THETA

集合写真を撮る

イベントやサークル等で大人数が集まったとき。あまりに人数が多いと「もっと詰めてー!右のほう見切れちゃってる!」という経験、ありませんか?

THETAなら、そんなにぎゅうぎゅうにならなくても大丈夫!

Li Shu-Hung – Spherical Image – RICOH THETA

アクティビティを撮る

ダイビングやシュノーケル、山登りにスカイダイビング。これからの季節だとスキーやスノーボードもありますね。
そんなアクティブな経験を写真に残してみませんか?
今まで撮ったことがないような写真が撮れること間違いなし。撮影の時は周りに気をつけてくださいね!

Photo by Olivier Vriesendorp – Spherical Image – RICOH THETA

まとめ

いかがでしたか?
写真を見て、「旅行に行きたい!」と思ってくださった方もいるかもしれません。旅行先での思い出づくりの手助けができていたら嬉しいです。

もし、THETAに興味をもって頂けたのなら「THETA〜」の記事も合わせてご覧ください。